ビリギャルのモデル小林さやかの現在の活動は?高校時代の先生や今の旦那って?

その他エンタメ

学年で成績ビリの女子高生がたった1年で偏差値40を上げて、慶応大学に合格した話

通称『ビリギャル』が話題になりましたね。

 

実際にそのビリギャルのモデルになったのが、小林さやかさんです。

昔は学校で落ちこぼれだった小林さんが、今現在はどのような活動をしているのか?

結婚しているそうですが、旦那さんはどんな人なのか?

小林さんの人生の転換期となった恩師はどのような人物なのか?

 

具体的にまとめていました。

 

ビリギャルのモデル、小林さやかのプロフェール

名前    小林さやか (こばやし さやか)

出身    愛知県

生年月日  1988年(月日不明)

年齢    32歳(2019年時点)

出身大学  慶応大学総合政策学部卒業

 

小林さやかさんと言えば、

ノンフィクション「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」

通称『ビリギャル』のモデルになったことで有名ですよね。

2015年には映画化し、女優・有村加純さんが主演を務めたことで話題になりました。

 

小林さんは成績は学年ビリで高校2年生の時は

小学校4年生ぐらいの偏差値しかなかったそうです。

 

中学の時に家庭が都合で学校側から無期停学を言い渡されるほどの非行を走り、

学校で一番出来の悪いクラスに入れられてしまい

校長からは「人間のクズ」呼ばわりされたこともあったそうです。

 

学校の教育者のトップでもある校長先生が人間のクズと生徒に言うのもどうかと思いますが、

教師も完全にお手上げだったのでしょう。

 

写真を見てもわかる通り、今の清純派な感じとは程遠い典型的なギャルですよね。

男性関係やかばんに隠していたタバコが見つかるなどして、何度も停学なっていたので

学校でも相当浮いてしまっていたでしょう。

 

学校の規制はとても厳しく、染髪や化粧、ピアス、はもちろん

アルバイトや下校時にどこかに立ち寄ること禁止されていました。

ですが、恩師である坪田義考さんと出会い小林さんの人生は一転します。

 

猛勉強して学校での授業を合わせて一日に15時間と机に向かい

たった1年で成績学年ビリだった落ちこぼれの生徒が

偏差値40を上げ有名私立大学慶応大学に入学してしまったのです。

 

学年ビリの状態で偏差値40上げることは、

普通では考えられないくらいの努力と根性が必要ですよね。

小林さやかさんの出身高校

小林さんは名古屋ではお嬢様学校である私立の中高一貫の高校に通っていて、

正確にはわかりませんが、お嬢様学校というと名古屋では

「金城学院高校」「愛知淑徳学園高校」「椙山女学院」のどれかと思われます。

 

中学校を受験で入学をしていて他の高校と比較しても偏差値も高いので、

小林さんの成績が悪く学年ビリだったのは、ただ勉強をまったくしていなかっただけで

もともと読み込みが速く、頭がよかったのではないかと思われます。

小林さやかさんの旦那さんは?今は離婚している

小林さやかさんは2014年7月27日に結婚しました。

結婚式の様子は、2014年の27時間テレビで放送されました!

 

SMAPの香取慎吾さんこと慎吾ママがサプライズで登場し、

小林さん自身も感極まって涙を流しており

結婚式は大いに盛り上がる様子がテレビで移されていました。

 

そしてきになる結婚相手の旦那さんは、

大学時代にアルバイトしていた下北沢の居酒屋の店長です。

 

小林さんは皿洗いをしていましたが、洗う皿の量が尋常ではなく

泣きながら皿洗いをしていて、たった2日でアルバイトを辞めようと思ったそうです。

 

僕も高校の時にファミレスで皿洗いをやっていたことがありますが、

同じ場所で突っ立ってひたすら何時間も皿洗いをするのは足腰に負担がかかり、

かなり辛い思いをしたのを今でも覚えています。

同じ場所で何時間も立つと筋肉が硬直してしまうので、まだ歩いていた方がマシです。

 

小林さんは、あまりの辛さにアルバイトを辞めると言い出した時に

今の旦那さんである店長から

「あと1週間だけ騙されたと思って続けて欲しい。

俺たちがサービス業の楽しさを教えてやれる自信がある」

と言われ、それからほんとに1週間続けて接客やサービスの意識が変わったと語っていました。

 

それからは徐々に仕事を通じて信頼関係を築き、お互いに惹かれていったのでしょう。

そして、時を経て結婚に至りました。

 

ですが、驚くべき事実が発覚しました!

小林さんは2018年3月に離婚していたことをブログで明かしたのです!

 

離婚に至った詳しい理由は分かりませんが、

「元夫と、去年の3月26日に、桜満開のなか、手を繋いで、離婚届を出しました」

「彼のことは今も大好きです。ずっと死ぬまで大切な人です」

「いつも誰よりもわたしの気持ちを理解して支えてくれた彼に、いっぱい感謝しています」

このように語っていて、

不仲でが原因ではないようですが、ほんとになぜ離婚したのでしょうか。

きっと本人たちにしかわからない、深い事情があるのでしょう。

 

元旦那さんには「今でも良き友人をして支えてくれている」

と小林さん自身が感謝の言葉を述べていて

けっしてお互いの関係が悪くなったわけではないようなので

これからも切磋琢磨して頑張ってほしいですね。

スポンサーリンク

小林さやかさんの現在

小林さやかさんは大学卒業後は大手ブライダル会社に就職しました。

 

「自分の大事な人が同じ日、同じ時間、同じ場所に集まるのは結婚式しかない。」

「親への感謝が伝えられる場でもあり人生一番のイベントに関わるのは究極のサービス業と感じた」

と語っていて、

大学時代の居酒屋のアルバイトの経験が、サービス業のすばらしさに気づかされたそうで。

 

約2年半後、退職し別のブライダル会社に転職して、

前の会社ではなかった、ブライダルプランナーとしての仕事にやりがいを感じていたそうです。

 

そして、今現在は会社を退職してフリーとして活動しています。

ほかには保育園を造る計画をしていて、

そのために自身の経験を生かしたセミナーや講習会を開いたり

自身の本を出版しています。

 

保育園を造ろうするなんて素敵ですね。

きっと子供が安心して、すくすく成長する立派な保育園になることでしょう。

小林さやかさんの先生(恩師)

高校時代、成績学年ビリだった生徒を偏差値40まで上げ慶応大学に入学をさせた、

まさに小林さやかさんの人生を変えるきっかけとなった人が、

『坪田義考先生です。

 

坪田さんは『坪田塾』という指導塾の講師をしていて、

映画ビリギャルでは、俳優の伊藤淳史さんが演じていますが、

生徒1人1人の個性や性格に合わせた学習指導を大切にされています。

 

小林さんが塾に入った時は、まるで勉強ができずに珍回答を連発していましたが、

坪田さんはけっしてバカにせず、むしろ腹を抱えて「面白いねえ」と笑ってそうです。

 

坪田さんと出会わなければ、ビリギャルから生まれ変わった小林さんはいないかもしれません。

映画を見た人は、「自分も学生時代こんな人に出会えたらな~」っと思った人も少なくはないでしょう。

小林さんにとって坪田さんは勉強を教える塾講師ではなく、人生のメンターだったのでしょう。

まとめ

ビリギャル・小林さやかさんの学生時代や今現在の活動

元旦那さんについてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。

こうして小林さんの歴史を振り返ってみると人の出会いってすごいですね。

 

恩師である坪田義考と出会わなければ、今の小林さんはいないわけですし、

就職したり、素敵な旦那さんと出会い、別れてたくさんのこと経験したと思います。

ちなみに妹も成績ビリから上智大学に入学しています。

 

現在は、セミナーや講習会を開き、支援活動を行っている小林さやかさん。

今後の活躍に期待です!

コメント