エアコンの冷房の最適な温度と風量とは?電気代を節約する省エネ対策を紹介!!

お役立ち

快適な生活を送るために絶対に必要なエアコン

設定温度を何℃にしたら快適にすごせるのか気になりますよね。

 

冷やしすぎたりして電気代が余計にかかるのはもったいないですよね。

今回はムダなく適温にする方法を紹介します。

スポンサーリンク

エアコンの冷房の最適な温度

環境省が推奨するエアコン冷房時の室温の目安は26℃~28℃』です。

 

扇風機や外の風を併用して空気を循環させたり

熱を吸収しがちなカーテンをすだれに変えてみるなどの

工夫をすることで涼しく快適に過ごしていくことが可能になります。

エアコンの冷房の最適な風量

「冷たい空気は下に溜まるので、冷房の風向きは上に向けるのが良い」

よく言われますが、これは本当です。

 

安定的に部屋を冷やすのであれば、冷風は上向き

もしくは水平にするのが良いです。

 

それだけではなく、下に溜まった空気を上側へ送り

部屋の空気を循環させるようにすると更に良いです。

 

ただ、電気代を節約しながら、涼しさを感じたいのであれば、

風を自分に向けるというのも有効です。

 

体に直接冷房を当て、効率的に涼しさを感じることが出来ます。

独り暮らしのアパートなどでは効果的でしょう。

 

しかし、風を直接浴び続けることは想像以上に体が冷えてしまうので

あまりに長い時間はオススメしないです。

スポンサーリンク

エアコンの電気代を節約する省エネ対策

エアコンの電気代を気にする人は多くいると思います。

そこでエアコンの電気代を節約する方法をご紹介します!

自動運転

エアコンの電気代を最も抑えられる方法が『自動運転』です。

その理由は、エアコンのしくみにあります。

 

エアコンは、室内気温を設定温度にするまでの間が一番大きな消費電力を使います。

 

エアコン冷房時は室内気温を設定温度まで下げている間に

沢山の電気代がかかっているということです。

 

エアコンの『自動運転』モードは

室内気温を設定温度にするまでの間は最大運転をして

設定温度になってからは弱運転や送風運転で設定温度を保っています。

 

設定温度にするまでの時間が短いほど電気代は抑えられるので、

短時間で一気に設定温度にしてくれる『自動運転』モードが電気代を一番節約できます。

 

はじめから弱運転や微弱運転をしてしまうと

設定温度になるまでに時間がかかり、逆に電気代を上げてしまうことになります。

設定温度を変えて電気代を節約

設定温度を1℃ゆるめると約10%電気代を節約できます。

 

毎日3時間エアコンを使う場合、

一人暮らしでは100円/月、家族暮らしでは180円月計算で節約できることになります。

 

ひと月の節約額としては小さいかもしれませんが年間で考えると大きな金額になります。

チリも積もれば山となります。

 

節約をしたい人は設定温度を意識して、見直してみましょう。

扇風機を併用する

エアコンと併用して扇風機を使うことで節約できます。

 

扇風機を使うことで体感温度が2度下がるとされています。

扇風機の電気代は1時間で1円とされているために圧倒的に安いです。

まとめ

一般家庭で夏場の日中に最も電気を使っているのはエアコンです。

統計では夏場の家庭使用電力の4割以上をエアコンが占めているとされています。

 

猛暑日になればそれ以上になるでしょう。

上手く節約して電気代を節約しましょう。

コメント