武尊VS天心!夢のカードが2019年に東京ドームで実現か?勝敗はどうなる?

スポーツ

今現在、格闘技を盛り上げている二人のカリスマがいます。

それが武尊選手と那須川天心選手です。

 

階級も同じくらいなので、どっちが勝ってもおかしくないので

この二人の試合は格闘ファンからは

夢のカードとして長年期待されています。

 

同じキックボクシングというスポーツでも

ルールが違ったり、契約して出場している団体が違うこともあり

同じリングで試合をすることは難しいといわれています。

 

ですが、2019年には東京ドームで試合をするのではという噂があるのです。

 

K-1 最強武尊RIZE 最強天心

二人のカリスマがリングの上で対決したら、

いったいどっちが勝つのでしょうか。

スポンサーリンク

武尊VS天心 夢のカードは実現するのか?

日本の格闘技ファンが3、4年数年最も熱望しているカード、「武尊VS天心」

キックボクシング軽量級史上最強と言われている両者、一体どちらが最強なのか、

議論も盛んに行われています。

 

武尊選手はK-1、天心選手はRISEに所属しております。

両団体に溝があり、特にK-1側は

自分たちの選手を他団体へ出場させることを契約上で禁止しており

ワンマッチなどで他団体の選手をK-1へ

迎え入れることに関しても規制しているとの話もあります。

 

そのため武尊VS天心が実現することはかなり難しい状況です。

ですが今年に入り武尊選手が試合後のマイクにて

天心戦を実現させたいとの旨を発言し、一気に機運が高まっております。

武尊と天心のファイトスタイルについて

武尊選手は過去に京谷祐希選手に一度敗北しています。

戦歴には残っていませんが天心選手も

メイウェザー選手と試合をして負けているので

事実上どちらも一敗しています。

 

どちらにしても二人の戦歴やKO率は異常でどれだけ強いのかがわかりますね。

 

勝ち続けるいる武尊選手と天心選手の

ファイトスタイルですが、かなり対照的です。

二人のファイトスタイルについてまとめてみました。

武尊のファイトスタイル

バックボーンが極真空手の武尊選手。

その魅力はなんと言っても「アグレッシブなファイトスタイル」です。

漫画「はじめの一歩」で例えるなら主人公の「一歩」です。

 

どんな相手にも決して下がらず、前へ前へ突進していきます。

本人曰く「殴るのも殴られるのも楽しい」とのことで、

接近戦になると笑いながら殴り合うことも珍しくありません。

 

そして、武尊選手自身が最大のストロングポイントとして挙げているのは「気持ちの強さ」

 

自分よりも技術のある選手はいるかもしれないけど

気持ちでは誰にも負けないとのことで、

この気持ち強さがK-1屈指の打たれ強さにあらわれています。

 

常にKOを狙うそのファイトスタイルの武尊選手

一見勢いだけに見えるかもしれませんが

決して闇雲に殴り合うことはしません。

 

実はとても頭を使っており、見せ所である「バチバチの殴り合い」の前に

必ず自分が有利になるようなシチュエーションを作っております。

 

ここが、あまりクローズアップされませんが武尊選手の最大の特徴です。

その象徴として挙げられるのが、序盤のラウンドで繰り出すローキックです。

 

武尊選手のスタンダードな勝ちパターンは

序盤に無数のローキックで相手の足を削り→相手が嫌がったところで膝などを合わせ→

ここまで相手を削ったところで自分の見せ場である「バチバチの殴り合い」で倒します。

 

2018年3月12日に行われたK-1のメインイベントにて

ムエタイの最強王者ヨーキッサダー選手に対して

2R KOを奪った試合はまさにこのパターンです。

 

ちなみにヨーキッサダー選手は何百戦も

戦い抜いている百戦錬磨の猛者であり

武尊選手に倒されるまでは一度も KO

ダウンを奪われたことはありませんでした。

 

そんな相手をKOできるのはただ殴り合うだけではなく

頭を使い相手の足から破壊する武尊選手しか成し得なかったかもしれませんね。

天心のファイトスタイル

漫画「はじめの一歩」で例えるならば…

武尊選手がガンガン前へ出る「一歩」であるならば、天心選手は「宮田」です。

 

キック、パンチ、ディフェンス、スピード、ステップワーク

そして変幻自在な技の数々…どれもぶち抜いた能力を持つ天心選手ですが

彼の必勝パターンは「カウンター」です。

 

ありえないスピード、動体視力にて繰り出されるカウンターで幾多の強豪

これまで無敗であった強敵も次々と倒してきました。

 

もう一つあげるとすると、「ディフェンス能力」がハンパないです。

 

本人曰く、

「空手をやっていた幼少期からビビり屋で相手に殴られるのが怖く、

そのおかげでディフェンスが上手くなった」

とのことです。

 

相手の攻撃をいなしてかわし

一撃必殺のカウンターで仕留めるスタイルはまさに宮田くんのようです。

武尊VS天心の勝敗を予想してみた

対照的なファイトスタイルの両者、声として大きいのが「天心有利説」

 

武尊選手が前に出てきたところを天心選手がカウンターで仕留める

天心選手からしたら前に突っ込んでくる相手は得意中の得意、良いカモです。

 

パワーは武尊選手に武がありますが、スピードで天心選手が圧倒するんじゃないか…

世の格闘家にもこのような意見が多い気がします。

 

ですが私の個人的な予想は武尊選手の勝利です。

これには訳があり、天心選手が唯一大苦戦したロッタン選手と

武尊選手のファイトスタイルが似ているからです。

 

2018年6月、どんどん前へ出てきたロッタン選手に

天心選手がカウンターを打ち込むものの

倒れないロッタン選手が後一歩のところまで追い詰めました。

 

結果は判定で天心選手が勝ちましたが

ロッタン選手が勝ったという声もあります。

 

このロッタン選手よりもクレバーであり

同じくらい打たれ強い武尊選手なら

天心選手に初黒星をつける可能性は十分にあるとおもいます。

 

そして、この二人の試合はKO決着ではなく判定になると予想します。

 

武尊選手は京谷選手と試合をして

鼻の骨を折られドクターストップがかかりTKO負けをしましたが

武尊選手はまだやれると言わんばかりの気力を見せていました。

 

天心選手はメイウェザー選手と試合をして

人生初のKO負けをしましたが、

階級の関係や経験の浅いボクシングルールだったのが大きいです。

 

同じキックボクシングというリングで

この二人がKOで倒れる姿は想像できないです。

 

武尊選手は打たれ強く重いパンチを打ち

天心選手はパンチをよけカウンターを繰り出す。

パワー対スピード対決と言えるでしょう。

 

故にこの二人の対決は判定になると予想します。

まとめ

試合場所は2019年、東京ドーム?

天心選手がRIZINが発信するユーチューブチャンネル上で

「武尊選手とやるなら東京ドーム」と発言しました。

 

これに武尊選手もSNS上で反応、「東京ドームで会いましょう」と発言しました。

これについては正式に何も決まっておらず

K-1プロデューサーである中村氏も「何も決まっていない」と発言しております。

 

天心選手は今年RISEの世界トーナメントがあり

武尊選手は現在拳を骨折。

 

さて、今後両者が東京ドームで交わることはあるのでしょうか…?

 

天心選手はまだ20歳になったばかりで若々しいですが

武尊選手は20代後半でいつ全盛期がと呼ばれる時期が過ぎてしますかわかりません。

 

武尊選手は気持ちで乗り越えそうですが、

格闘家の人生はそう長くはありません。

 

格闘技ファンからしてみれば、なんとしてでも戦って欲しいです。

 

コメント

  1. […] 武尊VS天心!夢のカードが2019年に東京ドームで実現か?勝敗はどうなる? […]