井上尚弥の圧倒的な強さの秘密は重いパンチ力だった!年収や子供、嫁もかわいいすぎ

スポーツ

今、ボクシング界で一番と言っていいほど

注目を浴びているのバンダム級世界王者の井上尚弥選手ですよね!

 

今現在ではワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ『WBSS』

開催されていて初戦と準決勝を短い時間でTKOして

尚弥さんのボクサーとして実力は世界的に評価されています。

 

そんな、井上尚弥選手の強さの要因

ファイトマネーや年収、子供、嫁

についてまとめてみました。

スポンサーリンク

井上尚弥のプロフィール

名前      井上 尚弥(いのうえ なおや)

リングネーム  Monster(怪物)

誕生日     1993年4月10日

階級      バンタム級

身長      165㎝

出身地     神奈川県

スタイル    オーソドックス

戦歴      18戦18勝(16KO)

 

井上尚弥選手は小学校1年生のころに元アマチュア選手の父に

ボクシングを教わります。

 

幼いころからアマチュア時代で様々な大会で

優秀な成績を収め

 

プロになると同時に父も正式にジムのトレーナーとなり

二人三脚で世界王者を目指します。

 

父親や経営していた塗装屋を辞めてまで

尚弥選手についてきてくれたので

プレッシャーもあれば、心の支えにもなったことでしょう。

 

尚弥選手自身も「もっと頑張らなきゃ」と思うようになったそうです。

井上尚弥さんのプロデビュー後

プロになったころから、尚弥選手の目標は

13度の世界王座の日本人最多防衛記録を持つ具志堅用高さんの

記録を更新することを目標としていました。

 

そして、プロデビューしてわずか6戦目で世界王者となり

8戦目での2階級制覇を達成しました。

これは、国内最速記録だそうです!

 

その後、タイトルを防衛し続けましたが

返上し、バンダム級に階級を上げ16戦目にして

日本最速の3階級制覇の偉業を成し遂げ注目を集めました。

 

そして、WBSSに出場し

元WBA世界バンタム級スーパー王者

ファン・カルロス・パヤノをワンツーでKOし、

 

準決勝ではIBF世界バンタム級王者エマヌエル・ロドリゲスと戦い

2Rで3回ダウンを奪いTKO勝ち収めました。

井上尚弥の圧倒的な強さについて

井上尚弥選手の試合を見ていると簡単に相手が倒れてしまい

思いのほか早く試合が終わってしまうため

素人からしてみたら大して強くなさそうに見えてしまうことありますが

もちろんそんなことはありません!

 

対戦相手があんなにも早くに倒れてしまうのは

井上さんが桁違いなほど強すぎるからです。

 

実際、WBSS1回戦で試合をした

ファン・カルロス・パヤノ選手はプロキャリアで一度も

KO負けをしたことがないレジェンド級のボクサーです。

 

尚弥の最大の武器

階級を感じさせない重く強烈なパンチ力。

足を使って常に動き続けるスピード力。

パンチをもらわないディフェンス力です。

 

パンチ力が強いのは足腰が強く

体幹がしっかりしている証拠でもあります。

 

どの大勢からも軸がブレずにパンチを打ち返してくるため

相手はなかなか不本意に手を出すことができないのです。

最近ではスピードやカウンターにも磨きがかかったように感じられます。

 

アジア人で初めて6階級制覇を果たした

マニー・パッキャオ選手を超える

偉業を成し遂げるかもしれません。

 

プロ・アマ通じてダウンを奪われた事も

流血した経験も一度もない。

まさに怪物です。

井上尚弥の年収、ファイトマネーは

井上尚弥さんは現在バンダム級で階級で出場していますが、

世界的な階級でないバンタム級のファイトマネーは

重量級に比べると4分の1程度。

 

日本の軽量級の世界戦は1試合2000~3000万円と言われています。

 

尚弥さんは2017年に3度防衛戦をしました。

つまり、合計約6000万となります。

 

ボクシングではファイトマネーの33%を

所属ジムに支払う義務がありますので

実際はもっと低いかもしれませんが、

 

契約しているスポンサー料や放送権利収入を含めたりすると

1億円を超えていることも考えられます。

 

ものすごい額ですよね!

井上尚弥の子供や嫁もかわいい

井上尚弥さんは高校時代の同級生と7年の交際を得て

22歳の時に結婚しました。

名前は咲弥さん(さや)というそうです。

 

同じ学校ではあったもののクラスが違ったため

友人の紹介で知り合い、尚弥さんから交際を申し込んだとのこと。

 

2017年には子供の明波くん(あきは)が誕生して

WBSS初戦を突破したリングの上で息子の姿を披露しました。

 

20代前半にして家庭を持っていて

父親として妻や息子にカッコ悪い姿は見せたくないと思いますし、

尚弥さんが頑張れるのは応援してくれる

家族の支えがあってのことなのでしょう。

まとめ

尚弥さんの強さの要因

ファイトマネーや年収、子供、嫁

についてまとめてみましたが、

いかがだったでしょうか?

 

幼いころから父親と二人三脚でボクシングに打ち込み

世界王者になってからも圧倒的な強さを持つ尚弥さんですが、

 

最大の武器は

階級を感じさせない重く強烈なパンチ力。

足を使って常に動き続けるスピード力。

そして、パンチをもらわないディフェンス力

であることわかりました。

 

年収も1億円を超えていると予測されていて

家族を支え戦っている一人の父親でもあります。

 

次はいよいよWBSSの決勝戦ですが、

果たしてどんな結果になるでしょうか。

 

ここまでKO勝ちをしているので

決勝戦も圧倒手な強さで倒してほしいですね!

コメント